TOP > お知らせ > 【季刊誌 樂】日本地域情報コンテンツ大賞2020 2部門で優秀賞に

【季刊誌 樂】日本地域情報コンテンツ大賞2020 2部門で優秀賞に

2020年11月19日

「長崎を知る、遊ぶ」をコンセプトに長崎の歴史や文化などの情報を発信する季刊誌「樂(らく)」

 

この度「日本地域情報コンテンツ大賞2020」にて、樂45号「歴史をたどる道 多良海道」が「地方創生部門」及び「タウン誌部門」の2部門にて優秀賞に選ばれました。

 

地方創生部門

まち・ひと・しごと創生総合戦略の推進につながる誌面づくりに取り組んでいる媒体から、企画の切り口や写真、コピーライティング、デザインの表現力に優れている媒体に与えられる賞です。

詳細はこちら

 

タウン誌部門

有料のタウン情報誌で、地域密着の情報のクオリティが高い媒体に与えられる賞です。

詳細はこちら

 

季刊誌 樂45号「歴史をたどる道 多良海道」

今回の特集では、かつて長崎街道の脇街道として往来があった多良海道をご紹介いたします。街道の歴史とともに各宿場町の役割を解説しつつ、周辺の見どころや郷土食、現代に受け継がれている職人技など、さまざまな文化・風土についても取材いたしました。

多良岳や有明海の自然あふれる風景を撮影した、ダイナミックな写真とともにお楽しみください。

価格:1,000円(税抜)

長崎県内各書店、らく公式オンラインショップよりご購入いただけます。

らくオンラインショップ

Amazon