• 路線バス

    【通常運行しております。】

  • 空港線エアポートライナー

    【通常運行しております】

  • 高速乗合バス

    運行状況は以下リンクよりご確認ください。

  • ながさき観光ルートバス(ハートストーン号)

    土日祝のみ運行しております。

  • 路線バス

    【通常運行しております。】

  • 空港線エアポートライナー

    【通常運行しております】

  • 高速乗合バス

    運行状況は以下リンクよりご確認ください。

長崎バスを知る

/ About Nagasaki Bus

長崎バスグループ沿革

長崎自動車株式会社は、創業以来、基幹事業である路線バス事業を中心に、さまざまな新しい取り組みや、新たな分野での事業展開にチャレンジしてきました。
これからも、地域の根幹となるバス事業をはじめとして、ながさきの皆様のお役に立てるよう、多角的な事業経営を目指してまいります。

1936 「長崎茂木乗合自動車株式会社」として発足、
同年8月に「長崎自動車株式会社」へ商号変更
1953 「長崎バス観光株式会社」設立

長崎バス観光株式会社は、長崎バスグループにおける観光事業の企画および、貸切バスの運行を担っています。長崎市内を中心にした定期観光バスや、県外地区への旅行商品の販売も行っています。

1959 「雲仙温泉 青雲荘」開業

雲仙ユースホステルとして開業し、その後国民宿舎となり、現在まで50年わたり営業を続けています。

1966 新地町に本社ビル「バスターミナルビル」建設

現在は、名称を長崎新地ターミナルとし、長崎バスの北部方面行きの起点および、長崎自動車の本社ビルを兼ねています。かつては、本社ターミナルと呼称され、停留所名は、「本社前」、「長崎新地ターミナル」等と変遷し、「新地中華街」という名称に統一されました。

1984 「長崎バス商事株式会社」設立

長崎バス商事は、生命保険・車両保険などを取扱う保険代理業を中心とし、そのほか長崎新地ターミナルや出島ミュージアムショップにおける売店事業を行っています。

1996 ハウステンボスに「ホテル日航ハウステンボス」開業

長崎自動車(株)、ハウステンボス(株)など5 社の出資により設立・開業しました。ハウステンボスに隣接するオフィシャルホテルとして、ご利用の皆様におもてなしの心を大切にサービスを提供しています。

2003 「さいかい交通株式会社」開業

瀬戸営業所と大崎自動車(株)の路線を受け継ぎ開業。長崎県西海市を中心に、地域住民の皆様の生活の足としてご愛顧いただいております。

2005 「長崎バスホテルズ株式会社」設立

直営3施設・アライアンス3施設の計6つの宿泊施設をマネジメントするホテルチェーンです。出島内外倶楽部レストランや出島のレセプション事業なども行っています。

2006 「株式会社みらい長崎」設立

みらい長崎ココウォークの開業準備会社として設立されました。現在は、ココウォークの運営管理事業を行っています。

2008 「みらい長崎ココウォーク」開業

旧茂里町営業所跡地に建設した複合商業施設です。長崎遊園地のアイデンティティを受け継いだ観覧車をはじめとして、スポーツジム・シネコン・フードコートなど、地域住民の皆様が一日ゆっくり楽しんでいただける施設を目指しています。1Fには主に南部向きのバスターミナルを併設し、交通拠点としても運営されています。

2011 「長崎バス建物総合管理株式会社」設立

長崎新地ターミナル・ココウォークをはじめとした施設内のビルメンテナンス事業および、長崎バス営業所における車両清掃業務を担っています。セーフティ・クリーンネスを基本として、バス・施設内において、お客様に快適にお過ごしいただけるように努めています。

2013 「長崎バス情報サービス株式会社」設立

長崎自動車のシステム管理部門を分社化して設立されました。バスターミナル・バス車内における各種システム導入を支援し、ICTを通じてお客様に利便性の高いサービスを提供しています。また、各グループ会社のシステム構築、機器導入支援についても行っています。

2014 「株式会社COCOアドバンス」設立

フード・レジャーサービス業として、長崎県内にてココウォークTSUTAYABOOKSTORE・吉野家・ドトール・びっくりドンキー・ゴルフドゥなどを22店舗運営しています。「店づくりは街づくり」を理念に、長崎の魅力向上を目指しています。

2017 「有限会社イーズワークス」を子会社化し「株式会社イーズワークス」に称号変更

自社出版の季刊誌「樂」をはじめとした、各種出版制作事業のほか、ラッピングバス等の長崎バス広告媒体管理、広告代理店事業などを行っています。長崎自動車をはじめ、グループ各社のプロモーション等についても支援しています。

2018 1月「島原鉄道株式会社」「島鉄観光株式会社」を子会社化

島原半島一体で、鉄道・路線バス事業およびフェリー等船舶の運行事業を行っています。

2018 9月「株式会社エヌタス」設立

2020年まで利用されていた、全国初のバス共通ICカード「長崎スマートカード」に変わって新たに導入された「エヌタスT カード」の発行を行っています。

2020 長崎市より国指定史跡「出島和蘭商館跡」の指定管理を受託開始

長崎自動車を代表団体として構成された企業グループ、出島VOFにおいて、出島の運営業務について指定管理者として運営しています。

2036 100年企業に向けて、さらなる事業展開を目指しています。
2023年現在 関連会社1社、連結子会社15社

長崎バスデータ

車両数

519

路線バス・空港バス等合計し586車両を保有。
営業所は7拠点。

従業員数

859

パート・アルバイト含む
グループ会社含めると1,739

年間売上高

81.7億円

2021年12月 グループ連結売上高 144億円

平均年齢

48.0

全職種平均年齢

平均勤続年数

17.5

ワークライフバランスを実現しながら、じっくりとキャリアを積むことができます。

グループ企業数

16

バス関連事業のみならず、多角的な事業展開を行っています。

長崎バス事業内容

  • 路線バス

    長崎市を中心に市民の足として日々運行を続けています。

  • 大型バス

    空港線エアポートライナーなど、長崎と他地域を結ぶ路線を運行しています。

  • 整備事業

    大型バスで培った整備技術を活かし、バスのみならず一般車両の整備・車検事業を行っています。

  • 不動産事業

    所有不動産を活用し、商業施設運営、駐車場運営などを行っています。

    ※株式会社みらい長崎に事業委託
  • 広告事業

    バスおよび施設を広告媒体として、ラッピングバスやデジタルサイネージ広告を販売しています。

    ※株式会社イーズワークスに事業委託
  • 指定管理事業

    長崎の委託を受け、国指定史跡「出島和蘭商館跡」の運営管理を行っています。