TOP > お知らせ > 【坂の町 長崎を走る】長崎バス運転者インタビュー

【坂の町 長崎を走る】長崎バス運転者インタビュー

2022年04月27日

坂が多い町 長崎

今回は、坂道を走る長崎バスの運転者にインタビューを行いました。

 

インタビューしたのは、長崎バス神の島営業所の主事運転者 西村辰彦さん(68歳)。

長崎バスに30歳で入社した西村さんは、神の島営業所に在籍する106名の運転者の中でも最年長で、この道35年以上の大ベテランです。

安全教育センターのインストラクターを頼まれたこともありますが、「運転する方が好き」と断ったそう。

 

◆坂道運転のポイントは

坂道発進時のショックには十分気を付け、揺れを抑える運転操作を行っています。

また、カーブでは車体が斜めになるため、路肩でバス後方の底面を痛めてしまいます。大回りに運転することで、底面が地面に当たるのを回避しています。

 

◆普段の運転で心がけていることは

お客様の安全と乗り心地を大切にしています。

お客様の心を和ませるアナウンスをしたいと思っています。

 

 

西村さんが運転する神の島営業所の2804号車に実際に乗車したところ、揺れが少なく静かで、乗り心地が大変良かったです。

 

坂道は、長崎の「名物」でもあります。

長崎バスに乗って、長崎の坂道を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

 

西村さんへのインタビューは、現在発売中の季刊誌 樂 55号「坂のまち長崎」にも掲載されています。そちらも是非ご覧ください。

樂55号|坂のまち長崎

1,100円(税込)

長崎県内各書店、らく公式オンラインショップよりご購入いただけます。

オンラインショップ

Amazon