新着情報詳細
新型運賃箱の導入について

2019年03月11日

 いつも長崎バスをご利用いただきありがとうございます。

 2019年3月より、路線バス車両(長崎空港線含む)におきまして、随時、新型運賃箱(小田原機器製:RX-FTS型)を導入いたします。
 なお、新型運賃箱の導入に伴う、バス運賃の精算方法に、変更はございません。
 現行運賃箱・新型運賃箱ともに、長崎スマートカード・現金・回数券は、これまで通り、ご利用いただけます。
 こちらのページでは、新型運賃箱の外見・新機能について、ご案内いたします。

 〇新型運賃箱への移行期間
 2019年3月中旬取付開始(予定)~2019年7月中旬取付終了(予定)

 〇外見
 【降車口運賃箱】    

 【乗車口カードリーダー】

 〇新機能(高額紙幣のチャージ対応)について
 新型運賃箱では、5,000円札・10,000円札での車内チャージ(積み増し)が、可能になります。※ただし、お釣りは出ませんので、ご注意ください。
 (例)5,000円札・10,000円札から、3,000円をチャージといった処理はできません。
 ※5,000円札1枚で5,000円、10,000円札1枚で10,000円のチャージ処理になります。
 ※5,000円札を2枚入れ、10,000円のチャージ、も対応できかねますので、ご了承ください。
 ※本機能は、新型運賃箱での新機能になります。
  旧型運賃箱では、高額紙幣を使用してのチャージは引き続き非対応になりますので、ご注意ください。

 〇新機能(小人割引カード精算音声)について

 小人割引が設定されたICカードを降車口カードリーダーに触れ、精算が完了すると、精算完了を示す「ピヨピヨ」という音声が、運賃箱より鳴ります。
 音声による大人/小人の判別機能は、全国の地下鉄やJRで導入されています。

 ★注意点について

新型運賃箱では、長崎スマートカードのみ、ご利用頂けます。

 また、パスケースや財布などに、長崎スマートカードと他の全国交通系ICカードを重ねた状態で乗車口/降車口カードリーダーにタッチをすると、「枚数超過エラー」が発生しますので、ご利用の際は、長崎スマートカードのみをタッチするよう、ご注意ください。

ページトップへ