TOP > お知らせ(観光・宿泊) > 【長崎バスグループ企業紹介④】おもてなしの高みへ。ホテル日航ハウステンボス

【長崎バスグループ企業紹介④】おもてなしの高みへ。ホテル日航ハウステンボス

2018年01月25日

ホテル日航ハウステンボスは、長崎県佐世保市にある九州を代表するテーマパーク、ハウステンボスより徒歩3分の距離にあるリゾートホテルです。長崎バスグループのホテル部門、ナバ開発株式会社が運営する同ホテルは、ハウステンボスに隣接するオフィシャルホテルとして、高いホスピタリティーを備え、ゆったりと流れる時間を堪能いただけます。

 

長崎県下最大規模、多様な種類やグレードの客室を377室ご用意しておりますので、お客様のニーズに合わせたお部屋を提供することができます。

 

レストラン『日本料理 あじ彩』では、新鮮な食材を取り揃え、四季に合わせた旬の味をお楽しみいただけます。また、カジュアルレストラン『ラヴァンドル』では、中庭の傍で、さながら南ヨーロッパの薫りに包まれながら朝食ブッフェやランチ、ディナーをお楽しみいただけます。

 

『ラヴァンドル』は、今夏改装により、新たにバイキングレストランとして生まれ変わります。本年は、ハード面の整備とともに、ホテルスタッフもさらなるサービス向上を目指し、より上質なサービスを提供できるよう努めてまいります。

 

みなさま、ハウステンボスをご利用の際は、ホテル日航ハウステンボスをどうぞよろしくお願いいたします。